top of page
  • 執筆者の写真cinemago

『宇宙の彼方より』日本語字幕の監修を務めた森瀬繚氏からのメッセージ

“クトゥルー神話の父”の傑作コズミック・ホラーを映画化!


原作は、数々の創作物に影響を与え続けている架空神話「クトゥ ルー神話」の生みの親として知られるH•P•ラヴクラフトが1927 年に雑誌「AmazingStories(アメージング・ストーリーズ)」 にて 発表した小説『宇宙の彼方の色(原題:The Color Out of Space)』。


ラヴクラフトが遺した神話作品群であると同時に“放 射線被曝”の恐怖を描いた先駆的作品と言われている。

「映画史上、最もラヴクラフト=“原典”の魅力を忠実に描いた作品」という呼び声も高く、クトゥルー神話を愛するベトナム系ドイツ 人のフアン・ヴ監督は“原典”を崇拝しつつも、ラヴクラフトが唱 えた“宇宙的恐怖”をより拡大すべく、フアン監督の両親が移民を決意したベトナム戦争下の1975年のアメリカと第二次世界大戦下 のドイツを新たに作品の舞台にするなど、独自の解釈を盛り込ん だ野心作である。

フィンランドのナイトビジョン映画祭、スウェーデンのルンド ファンタスティック映画祭をはじめ、製作から10年経った今なお、ヨーロッパの数多くの映画祭に入選。2022年11月に開催された28年の歴史を持つフランスの映画祭《レトランジュ・フェスティバル・パリ》でも上映されるなど、今も世界各地を魅了し続けている本作が、原作小説発表から95周年の現在、ついに日本の劇場へと辿り着いた。 今回の劇場公開にあたって、新字幕監修を日本のクトゥルー神話研究の第一人者にして作家の森瀬繚が 担当。より鮮明となった『宇宙の彼方より』の恐怖が今、日本に襲いかかる!



日本語字幕監修:森瀬繚プロフィール ライター、翻訳家。 TVアニメやゲームのシナリオ/小説の執筆の他、各種媒体作品で神話・歴史考証に携わる。 最新著書に『クトゥルー神話解体新書』、訳書に『バットマン:ザ・カルト』がある。

STORY その色はどこへ去ったのか...。


1975年、アーカム。ジョナサン・デイビスは父親の失踪を知る。


父親の足取りは第二次世界大戦中に駐屯し ていたドイツ、シュヴァーベン=フランケン地方の森へと再び赴いていた。


かつて、この田舎村で父親が目撃した不可思議な現象とは一体なにか。全ては宇宙の彼方より飛来した隕石から始まった...。




作品情報 原作:H・P・ラヴクラフト 制作総指揮:ペーター・ティリッシュ 制作:ヤン・ロス 制作・監督・脚本・編集: フアン・ヴ 撮影監督:マルティン・コルベルト 音楽:ティルマン・シージ 出演:マルコ・ライプニッツ、ミヒャエル・コルシュ、エリック・ラスタッター、インゴ・ハイセ、ラルフ・ リヒテンベルク


公式HP『宇宙の彼方より

公式Twitter @DiefarbeFilm

2010年/ドイツ/ドイツ語・英語/セレクトカラー/シネスコ/DCP/89分/原題Die Farbe 字幕監修:森瀬繚/タイトル協力:グループSNE/配給協力:滝澤令央、モクカ(阪神地域)、todoiF/発売元:アシスト、オデッサ・エンタテインメント/配給:Cinemago


©️SPÄRENTOR, Studio / Produzent / Cinemago


…Coming Soon

閲覧数:6回0件のコメント

Commentaires


bottom of page