top of page
  • 執筆者の写真cinemago

海外映画祭への応募代行、インディーズ映画だからこそ世界に飛び出す!

更新日:2023年10月29日

順次、予約のご対応をさせていただきます


海外映画祭への応募の代行


弊社ではインディーズ映画の監督、プロデューサーから

大切な映画のお預かりをして、海外進出へのサポートを実施しております。


下記は、併走する主な3つの仕事です。



①英語の字幕作成

お客様が制作した映画をお預かりして、英語字幕の作成させていただきます。

弊社スタッフと共に、物語の世界観に適した言語表現の再現に努めたいと思います。


また、ネーティブな表現チェック、英語タイトルのアイデア、

そのほか、音響効果も英語字幕するなど、作品に寄り添った字幕作成を心がけます。


2023年10月現在の取り組みは、

劇場公開作の長編映画『いずれあなたが知る話』や、

短編映画『ボクには時間がある』などの着手をしております。


英語版字幕の作業は、過去にも複数の依頼を受けており、

お客様に信頼をしていただける成果をあげています。





②海外映画祭の応募代行

英語字幕の作成を終えた後たら、いよいよ次の作業は海外映画祭への応募です。


映画祭への直接応募、応募サイトからのエントリーを中心に行い、お客様の映画に適した開催国や映画祭の傾向を導き出せるように、お客様の思いを聞き取りながら、

多様な視点から判断させていただきます。


下記は、海外にインディーズ映画を映画祭に結びつけた、実績の一部になります。

ぜひ、ご参照ください。



・重慶青年映画祭

・カンザスシティ・アンダーグラウンド映画祭最優秀長編映画 審査員賞

・ブエノスアイレス・ロホ・サングレ映画祭入選

​・アナザー・ホール・イン・ザ・ヘッド映画祭ベストファンタジー長編部門 観客賞

・パンブジャン国際映画祭入選

・ネパール国際映画祭

・ハリウッド国際ダイバーシティ映画祭

・カウチ映画祭

・カメラジャパン・フェスティバル

・フリッカーズ・ロードアイランド国際映画祭

・大阪アジアン映画祭


また、機会があれば映画祭プログラマーやディレクター、

海外セールス会社に作品を見ていただくことが可能な場合もございます。


ただし、作品のポテンシャルが重要であり、一概にお約束をすることはできません。


お客様の制作した映画を拝見して、現状に適した海外へのアプローチの方法を導き出し、

寄り良いお仕事をサポートさせていただきます。






③海外セールス会社の交渉

弊社では日本(海外部門)、フランス、中国、オランダなどの海外セール会社と連携、また海外配給の契約書を締結させた実績があります。


お客様の映画が、可能な範囲で取り引き先が見つかることに、尽力をさせていただきます。


コチラに関しても全ての作品が海外進出できるという、お約束はいっさいできかねます。その点にはご理解のほど、宜しくお願い致します。




最後に

お客様から始めに、制作をしたインディーズ映画を見せてください。


非公開の視聴リンク(Vimeo、YouTubeなど)をお送りいただき、

作品を鑑賞させていただくことから、作業は始まります。


ご依頼を受けることが可能なのか、ご予算なども鑑みながら、

総合的に判断をさせていただきます。


その後、お客様とZOOMによるご面会を通して、ご意見などの要望をお伺いいたします。


しかし、チャンスのお席は無限にある訳ではありません。

受注をさせていただく仕事は、クオリティを担保するために、

お受けできない場合がございます。

そして、海外映画祭の入選を必ずお約束することでもありません。


監督やプロデューサーと寄り添い、

作品を海外に進出させるお手伝いのみに力点を置いた代行業務であることは、

あらかじめご了承ください。


お気軽にご質問などございましたら、お問合せください。

スタッフ一同、お待ちしております。映画レーベルCinemago問い合わせ・出町まで


*10月12日更新

閲覧数:30回0件のコメント

Comments


bottom of page