top of page
  • 執筆者の写真cinemago

『JOURNEY』の取材日

2023年10月、霧生笙吾監督の劇場デビュー作


霧生笙吾監督の劇場デビュー作

映画『JOURNEY

10月21日(土)より池袋シネマ・ロサにて公開!



本日9月18日、

映画パーソナリティーであるデッキーさん

(*出來谷英剛)


775ライブリーFM(FM77.5)

「デッキーの映画CaaaaN!!!!」のラジオ収録でした。


放送までしばし待たれよ!



映画『JOURNEY』の作品情報



【日本公開】 2023年(日本映画)


【脚本・監督・編集】 霧生笙吾 監督インタビュー


【キャスト】 宮﨑良太、伊藤梢、森山翔悟、みやたに、山村ひびき、廣田直己


【作品概要】 脚本・監督・製作を務めた霧生笙吾が2022年武蔵野美術大学の卒業制作作品にして、自身初の長編監督作品。


2022年7月には開催されたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2022における国内コンペティション長編部門に入選し、才能ある次世代映画作家に贈られる「SKIPシティアワード賞」の栄冠に輝きました。


また2023年6月にはドイツで開催される「ニッポン・コネクション」にて上映され、国内外問わず、その独自の映像感覚を高く評価されています。



映画『JOURNEY』のあらすじ


肉体から意識を解放することが可能となった近未来。


宇宙飛行士になることを諦め、地球で働く慶次は、心を病む妻の静と暮らしていました。


ある日、慶次は新たな宇宙開発の噂を聞き、静とともに「積極的選択としての死」にも等しい“意識のみの存在”になることへ憧れを抱き始める。






閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page